脇脱毛するとわきがになる?汗の量や臭いの変化は?

脱毛するとわきがになるの?

脇脱毛体験者の口コミを見ると、脱毛サロンで脇脱毛してから汗の臭いが気になるようになった、わきがになったという内容を見かけることがあります。

これから脇脱毛しようと検討されている方は、とても不安になりますよね。そもそも脱毛施術が体質に変化を与え、わきがになることはあるのでしょうか。

そこで今回、脇脱毛するとわきがになるのか、脱毛後の汗の量や臭いの変化について紹介します。

脱毛サロンで脇脱毛するとわきがになるの?

本当にわきがになるのか
脇脱毛するとわきがになるのかという不安の声もありますが、脱毛がわきがを誘発させることはありません。脇脱毛してもわきがになることはないので、これから脱毛を考えている方は安心してください。

脱毛後にわきがになったという口コミは、わきがになったのではなく、脱毛サロンで脱毛したことで汗の量や臭いに変化を感じた可能性があります。そもそもわきがとはどのような病気なのか、脇脱毛とわきがの関係について解説します。

わきがとはどんな病気?

汗腺は、エクリン腺アポクリン腺の2種類があります。エクリン腺から出る汗は、99%が水分で、残りの1%が塩分や尿素、アンモニアが含まれています。大部分が水分なので、汗自体にあまり臭いはありません。

一方、アポクリン腺から出る汗は、わきがの原因となる汗です。アポクリン腺はフェロモンの役割をしていて、脇の下や陰部、耳の中、肛門、乳輪など限られた部位に存在している汗腺です。

タンパク質や脂質、糖質、アンモニア、鉄分などが含まれていて、粘り気があるのが特徴です。

タンパク質や脂質を好んで分解する常在菌「コリネバクテリウム」が分解するときの代謝物として、脂肪酸やカプリン酸など刺激的な臭いの成分を発生します。アポクリン腺はすべての人に存在しますが、わきがの人はこのアポクリン腺の数が多く、大きいという特徴があります。

脇脱毛とわきがの関係性

わきがというのは体質的なものなので、脇脱毛することでアポクリン腺の数が増えたり、大きくなったりすることはありません。脱毛の光やレーザーは、皮膚の3㎜から4㎜程度の深さしか届かないので、汗腺には影響ありません。

わきがの原因となるアポクリン腺は毛穴に存在するものなので、脱毛する事で何らかの影響を与える可能性もあります。それは毛穴に存在していた毛がなくなることで、アポクリン腺から出た汗に影響があるといっても過言ではありません。

しかし、脱毛の光やレーザーがアポクリン腺の数を増やしたり、大きくしたりすることはありません。

脇脱毛するとわきがは治る?

脇脱毛してわきがになる可能性があるならば、脇脱毛してわきがが治る可能性もあるのではないかと考えてしまいますよね。結論から言うと、脇脱毛してもわきがは治りません

脇脱毛してわきがになる可能性がないように、脱毛サロンの施術自体がわきがの原因であるアポクリン腺に対して影響を与えることがないからです。

アポクリン腺の数は遺伝的な影響が大きく、アポクリン腺の大きさは思春期を迎える頃に大きくなります。アポクリン腺の数や大きさは、脇脱毛しても変わることがないので、脇脱毛してもわきがは治ることがありません。

わきがを治す方法3つ

わきがを治す方法としては、美容クリニックでボトックス注射や電気凝固法、わきが手術などの治療を行うという3つの選択肢があります。

1つ目は、ボトックス注射です。
ボトックス注射は、肌にメスを入れずにわきがの症状を軽減できるため、非常に人気の高いわきが治療法です。しかし効果の持続は、3か月から6か月なので、効果を持続させるためには繰り返しボトックス注射をする必要があります。

2つ目の方法は、電気凝固法です。
電気凝固法とは電気を使用した脱毛方法で、電気を流し毛乳頭を破壊するため、二度と毛が生えてこなくなります。脱毛方法の中でも唯一、永久脱毛と呼ばれている方法です。

電気凝固法は、毛穴1本ずつに器具を挿入し電気を流すため、アポクリン腺を破壊します。そのためわきがの症状軽減に有効だと言われています。しかし確実にわきがが治るという訳ではありません。

最後に3つ目は、アポクリン腺を取り除く手術です。
脇の下にメスを入れることになるので、手術後は傷跡が残りますが、アポクリン腺を取り除くので確実にわきがの症状が軽減します。手術費用も高く、ダウンタイムも必要になるので、手術以外の方法でわきがの症状を軽減する方が多いです。

脇脱毛すると汗が脇が臭くなる原因は?

脇が臭くなる
脇脱毛してもアポクリン腺には影響がありませんが、なぜわきが臭くなったという口コミがあるのでしょうか。

脇脱毛してわきが臭くなったと感じる原因を3つ紹介します。

毛穴の栓の役割をしていた毛がなくなるから

脇脱毛したことで、毛穴の栓の役割をしていた毛がなくなってしまったことが原因の一つだと考えられます。毛が生えている状態だと、毛穴の通り道が狭く、汗の量も抑えられますが、脇脱毛したことで毛がなくなり、毛穴の通りがよくなります。

それによってアポクリン腺から分泌された汗をとめるものがなくなり、出やすくなってしまうため、脇脱毛後は汗の量が増えてしまうのです。汗の量が増えてしまったことにより、アポクリン腺から出た汗の臭いをきつく感じてしまうことになります。

制汗剤の成分が汗で流れるから

制汗剤には、汗の量を抑える効果や、汗の臭いを消臭する効果があります。制汗剤の効果を持続させるためには、肌に成分が密着している必要があります。

脇毛が生えている状態だと、制汗剤の成分が毛に付着し長時間の効果を持続します。しかし脇脱毛して毛がなくなったことで、汗の量が増え、制汗剤の成分がすぐに流れてしまいます

特に制汗スプレーは肌に密着しにくいので、汗をかくとすぐに流れてしまいます。そのため制汗剤の効果がなくなり、汗の臭いをきつく感じてしまうのです。

制汗剤を使用する場合は、汗をかいても流れにくいクリームやジェルタイプの制汗剤がおすすめです。

意識しすぎて臭く感じる

汗をかくのは、運動した時だけではありません。精神性発汗という言葉もあるように、精神的な影響を受けて汗の量が増えてしまうこともあります。

精神性発汗は、潜在意識の中に何らかの不安を感じることが発汗のきっかけとなり、汗をかけばかくほど不安が募り、より汗をかいてしまう悪循環に陥ります。

緊張や予期不安など、汗を意識しすぎて、汗の量が増え、臭く感じてしまうのです。脇脱毛したことで意識が脇にむかい、それによって汗の量が増え、臭いがきつくなるということも考えられます。
精神性発汗を改善するには、「意識しない」ことが大切です。意識することで汗をかいてしまうので、制汗対策をした後はこのようにいろいろな原因によって、脇脱毛後に汗の量や臭いに変化を感じる可能性があります。

まとめ 脇脱毛してもわきがにならない

脇脱毛してから汗の臭いが気になるようになったという人もいますが、脇脱毛してもわきがになることはありません。わきがとは元々の体質的な問題です。

脱毛サロンで使用される光やレーザーは、わきがの原因であるアポクリン腺を増やしたり、大きくしたりする作用はありません。脇脱毛後は、汗をかいたらすぐにふき取る、直接肌に塗るクリームタイプの制汗剤を使用するなど、汗の対策を心掛けましょう。

きちんと対策しておけば、汗の臭いを予防できます。脇脱毛によってわきがになることはないので、これから脇脱毛しようかと考えている方は安心して脱毛してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です