脱毛サロンでのVIO脱毛は恥ずかしい?おすすめの形や痛みはどうなの?

脱毛サロンでのVIO脱毛

VIO脱毛は海外と違ってデリケートゾーンの毛を剃る習慣のない私たち日本人には近年まであまり利用者がいなかったのですが、海外では当たり前のように脱毛をする部分で、非常に人気がある脱毛部位です。

その影響からか近年は日本でもVIO脱毛の利用者は増加の傾向にあります。実はデリケートゾーンのムダ毛の多さに困っているという女性は密かに多いのではないでしょうか。そんな方にVIO脱毛の需要は高いです。

VIO脱毛とは?

VIO脱毛というのはデリケートゾーンの脱毛のことを意味します。VIO脱毛とはVライン、Iライン、Oラインを総合した部分の脱毛のことで、それゆえにVIO脱毛と呼びます。簡単に説明すると、パンツに隠れて見えない部分のムダ毛の脱毛です。

最近のVIO脱毛は完全に下の毛を脱毛するのではなく、残す毛量や形を決めてから脱毛ができるので、非常に注目されています。おかげで完全にデリケートゾーンにムダ毛がない状態(ハイジニーナ)にまでしなくてもVIO脱毛ができます。このような点が受けて、今人気急上昇中の脱毛部位なのです。

Vラインとは

VIO脱毛の中のVラインとはすなわちパンツやビキニを着たときに見えるVラインのことですね。そういった下着や水着を着たときのVゾーン部分のことをVラインといいます。

Iライン・Oラインとは

VIO脱毛のIラインとは性器のところです。女性器の周辺のI字部分のことをIラインと呼びます。Oラインは肛門の周辺です。この部分のゾーンのことをIラインやOラインと呼ぶのです。

vioの自己処理法

基本、放置しっぱなしにしている方が多いvioですが、脱毛前はムダ毛処理が必須となります。しかし普段したことのないvioの自己処理はどうすればいいのか分からない方も多いはずです。

自分の勘で適当に処理してしまうと傷つけたり、剃り残してしまう可能性も…。どのような自己処理法なら安全かつキレイに処理できるのか、必ず確認しておきましょう。

Vラインの自己処理方法

まずは、どのような形に仕上げたいのかを決めます。ほとんどのサロンでは自己処理してきた部分を脱毛していくので、自分で好きなデザインにできるようになっています。

例えばツルツルの無毛にしたいのであれば全処理、希望するデザインがあるのであれば残したい毛以外の部分を処理することになります。ちなみに毛量を減らしたい場合は脱毛1~3回目までは全処理して、4回目以降から部分的に処理すると良いでしょう。

自己処理のポイント
  • 長い毛はハサミで短めにカットしておく。
    →シェーバーに毛が絡まらず、処理しやすくなります。
  • 蒸しタオルを数分あて、毛を柔らかくする。
    →剛毛なVラインのムダ毛は柔らかくすることで、処理しやすくなります。
  • 電気シェーバーで上から下へ向かって処理する。
    →毛の流れに沿って処理することで肌荒れ防止に繋がります。

Iラインの自己処理方法

Iラインは粘膜に近いので慎重に行う必要があります。処理することで生理の出血がムダ毛に付着しなくなり清潔に保てる、という理由からIラインは全処理する方が多いです。

自己処理のポイント
  • 手鏡を床に置き、鏡にIラインが映るように足を開きしゃがむ。
    →見えないIラインも、鏡を使うことで自己処理が可能です。
  • ムダ毛は引っ張りながら処理をする。
    →ムダ毛がモジャモジャになりやすいので、引っ張りながら処理するとケガ防止にも繋がります。
  • 毛の流れに沿って処理をする。
    →毛の流れに逆らうと、皮膚も削り落してしまう危険性があるので絶対NGです。

Oラインの自己処理方法

生理の出血、便の付着も防げるので全処理している方がほとんどです。ムダ毛がなくなることで見た目だけでなく衛生的にも良くなり、多くの方が脱毛希望する部位の1つです。

自己処理のポイント
  • 下においた鏡にまたがってしゃがむ。
    →ムダ毛が見えるように、明るいところで行うようにしましょう。
  • 蒸しタオルなどで5分ほど温めてから処理する。
    →毛と肌が柔らかくなり、処理しやすくなります。
  • 毛の流れに沿って処理する。
    →VIライン同様、流れに逆らうと皮膚まで削り落してしまうので要注意です。

脱毛サロンでのvio脱毛のやり方を紹介!施術時の体勢は?

実際、vio脱毛する時はどんな体勢で行うのか気になる方も多いはずです。サロンに行ってから「こんな体勢になるの!?」と驚かないで済むよう、事前に予習をしておきましょう。

  • Vラインの施術時の体勢
  • 仰向けに寝て、両足を少し開いた状態で施術を受けます。専用の紙パンツをずらしながら施術するので、丸見えになる心配はありません。

  • Iラインの施術時の体勢
  • Vライン同様、仰向けに寝ての施術となります。片足の膝を立て外側に倒し、もう片方の足はまっすぐ伸ばした状態になります。Iラインの施術もまた、紙パンツをずらしながらなので丸見えになる心配はありません。

  • Oラインの施術時の体勢
  • サロンによって施術中の体勢が異なります。
    Oラインは紙パンツを脱がなければいけないので、タオルやガウンなどで隠しながら施術するサロンがほとんどです。また、お尻の割れ目を広げながらの施術となるので、スタッフも2人組で行うことが多く、VIOの中で最も羞恥心を抱く部位かもしれません。

生理の時の脱毛サロンの対応方法についてはこちらから『脱毛サロンは生理中でも施術できる?キャンセルする際の注意点とは?

脱毛サロンでのvio脱毛、効果の表われ方

何回目で効果を実感し、何回目で脱毛完了するのか?毛質や肌質などによって個人差はありますが目安にはなるので、コース契約する前にチェックしておくと便利です。

回数期間効果の表われ方
1~3回0~6か月自然と毛が抜け落ち、脱毛効果を実感する。
4~6回7か月~1年少しずつ生えてくるスピードが遅くなる。
ムダ毛の処理回数が減る。
7回~12回1年~3年毛量が減り、1本1本の毛が薄くなる。
13回以上3年~ほとんどの方が脱毛完了と判断する。

vioは毛量が多く1本1本が太くてしっかりとした毛なので、他の部位に比べると脱毛完了するまで回数も時間も掛かってしまいます。だいたい10回~12回を目安にすると良いでしょう。

vio脱毛が安い脱毛サロンはどこ?

  • 衛生的に保てる
  • 蒸れ予防になり快適
  • 自己処理が不要になる
  • 好きなデザインの水着やショーツを履ける

さまざまなメリットを兼ね揃えているvio脱毛ですが、せっかくなら安く済ませたいですよね。各サロンのvio脱毛の料金を比較することで、どこでなら安く脱毛完了できるのかが見えてきます。

12回1回あたりの料金
キレイモ324,075円(全身脱毛し放題)
銀座カラー225,600円(vio脱毛し放題)
脱毛ラボ154,742円12,895円
ディオーネ144,000円12,000円
ミュゼ233,280円13,349円
プリート170,640円14,220円

コースの回数は12回以外にも6回・8回・10回…など、サロンによって異なります。ただ、vio脱毛初めての場合は10回以上のコースを契約したほうが良いでしょう。

また、今回は大手サロンを6社挙げましたがキレイモと銀座カラーは脱毛し放題なので、回数を気にせずに満足するまで通えます。コース完了した後に追加契約することもあるので、最初から脱毛し放題を選んでおけば安心です。

VIO脱毛は痛いの?

VIO脱毛ははっきり言って痛いです。他のどの部位よりも痛みが強い部分なので、少しは覚悟しておいた方がいいかもしれません。

VIO脱毛はVラインとIラインとOラインの脱毛なのですが、IラインとOラインはまだまだ余裕がある痛みで済みます。一番痛いのがVラインであり、ここの脱毛時はかなりの痛みが走るので、ぐっと我慢しましょう。

痛みを分かりやすく表すとバチッて感じですね。驚いてびくっとしてしまう人も多いので、VIO脱毛はかなり痛いと覚悟しておきましょう。

他の部位が痛くなかったからって油断していたら泣きを見ることになります。VIO脱毛をする場合は恥ずかしさ以上に痛みに悩むことになるので、相当痛いということは理解しておきましょう。

脱毛サロンでvio脱毛は恥ずかしい?スタッフの本音をぶっちゃけ

脱毛スタッフの本音
海外で流行し始めたvio脱毛は、今や日本人女性の間でも注目されています。そんなvio脱毛ですが、恥ずかしがり屋の多い日本人にとっては少しハードルが高いかもしれません…。

「プロと言ってもスタッフに見られるのは恥ずかしい…」という理由から、躊躇している方も少なくないのではないでしょうか?

そこで、実際全身脱毛サロンのスタッフはvio脱毛するにあたってどんなことを思っているのか、その本音を暴露します!

vio脱毛する時、スタッフは何を思っている?

「vio脱毛の時にアソコを見られるのが恥ずかしい」という方は多いと思いますが、実際スタッフが思っているのは「照射漏れがないように丁寧にしなきゃ」という事のみです。

つまり、見ているのはムダ毛だけであり、アソコを見る余裕なんてない!というのがスタッフの本音です。

また脱毛する際は何も身につけていないわけではなく、専用の紙パンツを履いているので極力肌が露出しないよう配慮されています。

ニオイや汚れで気になることはないの?

スタッフいわく、事前にウォシュレットを使用したり、赤ちゃん用のおしり拭きなどでキレイにしてから施術に臨む方がほとんどのようです。

ニオイや汚れが気になったことがある、というスタッフは以外にも少ないことが分かりました。ただ、お客様には事前にニオイや汚れなどをチェックしてもらえると助かるとの事でした。

vio脱毛に対するスタッフの本音

やはり毎日施術しているだけあり、スタッフがvio脱毛で不快に感じたりすることはほとんどありません。そのため、あまり深く考えずに気軽に脱毛しに来てほしいというのが本音のようです。

肌サロン側としては肌が露出しないよう気を付けてくれるので、初めは緊張するかもしれませんが回数を重ねていくうちに気にならなくなっていくはずです。vio脱毛は見た目が良くなるだけでなく衛生面でも良いことばかりなので、身構えせずに早めに始めることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です