脱毛サロンは生理中でも施術できる?キャンセルする際の注意点とは?

生理の時の脱毛は?

脱毛は一般的に毛周期に合わせて施術を行う必要があります。そのため月に1回くる生理と重なる可能性があるので、脱毛の予約と生理のタイミングが重なったときにどうすればいいのか気になりますよね。

生理中でも脱毛できるのか、万が一予約をキャンセルする場合はペナルティが発生するのか、しっかり確認しておきましょう。

そこで今回、脱毛サロンでは生理になっても施術できるのか、脱毛と生理の関係について紹介します。

生理中に脱毛すると効果がなくなる?

生理の日と脱毛が重なると、脱毛の効果がなくなるのか気になりますよね。結論から言うと、生理中に脱毛しても効果がなくなるわけではありません

生理中でも同じように、光の熱エネルギーによって毛根にダメージを与えるので、その点に関しては生理以外の日と変わりありません。

しかし生理中はホルモンバランスが乱れるので、体毛が濃くなる可能性があります。脱毛の効果がなくなることはありませんが、脱毛の効果が弱まってしまう可能性はあります。

効率よく脱毛していくためには、生理中は脱毛をお休みして、生理が終わってから脱毛を再開するのがおすすめです。

また生理中は肌が敏感な状態になるので、施術時の痛みが増したり、肌トラブルを起こす可能性が高まります。特にデリケートゾーンはとても敏感なので、リスクを避けるという意味でも生理中は脱毛しないという選択肢もあります。

通常でもデリケートゾーンは皮膚が薄く、黒ずんでいるため、他の部位に比べて施術時の痛みが強いです。元々痛みに弱いという方は、生理が終わってから施術を行っても遅くはありません。

脱毛は毛周期に合わせて、2か月から3か月に1回の頻度で、施術を繰り返すことで抑毛効果を期待できます。生理中に脱毛したからといってこれまでの努力が無駄になるということはないので安心してください。

生理中はvio脱毛できる?

生理中にvio脱毛できるのか、できないのかというのは、脱毛サロンや医療クリニックによって判断が異なります。

脱毛サロンの場合は、生理中にvio脱毛できない場合がほとんどで、医療クリニックでは、生理中でもvio脱毛できることが多いです。

脱毛サロンで生理中にvio脱毛できない理由は、ベッドが経血で汚れるなど、衛生面で問題があるためです。また肌トラブルを起こす可能性があり、脱毛効果を十分に発揮できないという理由もあります。

脱毛サロンではリスクを回避する考えがあるため、トラブルが起きやすい生理中の脱毛は基本的に不可としているところが多いのです。

しかし、脱毛サロンによって生理中でもデリケートゾーン以外であれば脱毛可能としているところや、全身の脱毛不可としているところもあります。

全身脱毛をする場合は、デリケートゾーンのみ後日施術をして、残りの部位は当日に脱毛します。その場合は、ナプキンやタンポンをした状態で施術を行います

そして医療クリニックでは、基本的に生理中であっても脱毛可能としているところが多いです。脱毛に使われるレーザーが体に悪い影響を与えることもなく、トラブルが起きたときはすぐに診察、薬を処方してもらえるなど、医療機関ならではの安心感があります。

医師と看護師によって対応してもらえるため、脱毛サロンのように生理中は脱毛できないということがありません。元々生理不順でいつ生理がくるか検討がつかないという場合は、生理時に脱毛できない脱毛サロンよりも、医療クリニックで脱毛したほうが効率よく施術が受けられます。

脱毛サロンでは、万が一施術時にトラブルが起きたときのために、提携している医療機関で診察してもらえるドクターサポートがついています。

トラブルが起きたとき、自分の脱毛サロンでは対応できないため、少しでもトラブルが起きる可能性のある場合は、リスク回避という選択をとっています。

生理中も脱毛したいという場合は、脱毛サロンではなく医療クリニックを利用したほうがスムーズに脱毛が進みます。

生理で予約をキャンセルするときの注意点とは?

脱毛サロンや医療クリニックによって、生理時の対応が異なるので、契約する際にはしっかり確認しておく必要があります。

もし生理中は脱毛できないという条件であれば、予約当日に生理がくると予約をキャンセルしなければいけません。生理とわかった時点ですぐに電話して、予約の変更かキャンセルを行いましょう。

予約キャンセルのペナルティは、サロンやクリニックによって異なる

予約キャンセルのペナルティは
ペナルティなしで当日キャンセルできる良心的なサロンもありますが、ほとんどは前日キャンセル、当日キャンセルともにペナルティがあります。

ペナルティの内容も、キャンセル料として罰金を支払う場合や、脱毛1回分を消化として扱うなど条件が異なります。

全身脱毛の場合は、全身脱毛1回分が消化扱いになると、1万円から2万円がペナルティとして消化されてしまうことになるので、予約キャンセルのペナルティはサロン選びの際に注意して確認しておく必要があります。

ペナルティも厳しいですが、次回の予約のことも考えておかなければいけません。特に人気の高い脱毛サロンは、一度予約をキャンセルすると次の予約が取りにくい可能性があります。

脱毛は毛周期にあわせて2か月から3か月に1回の頻度で施術を行う必要があるため、定期的に通わなければいけません。

万が一、一度予約をキャンセルして、次の予約が数か月先になると、毛周期に合わせて施術ができなくなります。予約を入れる際には、自分の生理周期を把握し、なるべく生理とかぶらないように注意しておきましょう

脱毛すると生理がこないなど影響はある?

抑毛効果のある脱毛ですが、脱毛によって体への影響、生理不順などが起こる可能性があるのでしょうか。そのような心配をされる方もいますが、脱毛によって生理不順になるといった影響はありません。

脱毛にはIPL脱毛やS.S.C.脱毛、医療レーザー脱毛など様々な方法があり、それぞれ脱毛の原理が異なります。IPL脱毛は黒いメラニン色素に反応する光を照射し、熱エネルギーに変換することで、毛根にダメージを与えます。

医療レーザー脱毛も同じ原理で、黒いメラニンに反応するレーザーを照射し、毛根にダメージを与えます。またS.S.C.脱毛は、抑毛カプセルを含むジェルと光の相乗効果によって、光の熱でカプセルを弾かせ、カプセルに含まれている抑毛成分を毛根に浸透させます。

このように脱毛の原理は異なりますが、すべての脱毛方法は毛根に対して作用するため、ホルモンバランスに影響を与えることはありません。つまり脱毛することで生理がこなくなったり、生理不順になったりというような影響はないので安心してください。

脱毛サロンを選ぶ際には、生理時に施術できるのか、キャンセルのペナルティが発生するのかという点が大きなポイントとなります。生理に関わらず脱毛したい、生理の時期を心配せずに最短で脱毛を終えたいという場合は、医療クリニックのレーザー脱毛がおすすめです。

脱毛の予約日に生理が重なりそうなときは、早めに予約を変更、キャンセルすることでキャンセルのペナルティのリスクから回避できます。

生理の時の脱毛サロンについてのまとめ

vio脱毛は女性のエチケットとして定番化しています。デリケートゾーンを脱毛すると、生理時の不快感から解放され、常に清潔に保てますし、何よりも自分に自信が持てます。

自分に合った脱毛サロンや医療クリニックを見つけて、満足できるvio脱毛をしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です