毛周期は部位によって違うの?効率よく脱毛する方法とは?

効率よく脱毛する

効率よく脱毛するためには、毛周期がポイントです。脱毛サロンの光脱毛、医療機関のレーザー脱毛、どちらも毛周期に合わせて施術を行うように指導されます。

毛周期とは毛の生え変わるサイクルのことを言いますが、脱毛の基礎知識として知っておきましょう。
そこで今回、脱毛するなら知っておきたい毛周期について、部位によって違うのか、効率よく脱毛する方法を紹介します。

毛周期の期間とは?

私たちの身体に生えている毛には、成長期と退行期、休止期の3つのサイクルがあります。成長期の毛とは、今まさに毛が成長している状態で、毛乳頭から栄養をもらい細胞分裂を繰り返すことで毛が伸びています。
毛周期とは
成長期が終わり、毛乳頭から毛根が離れると退行期に入ります。退行期の毛は、毛乳頭から栄養の供給が終わり、毛が抜け落ちる準備に入った状態です。すぐに毛が抜け落ちるわけではなく、毛穴付近まで徐々に押し上げられていきます。そして毛が抜け落ち、次に新しい毛が生えるまで毛穴を休ませている状態が休止期です。休止期に入ると毛穴には何も生えていない状態になります。毛周期を繰り返すことで常に健康な毛が生えている状態を維持しています。

脱毛効果を与えられるのは成長期の毛のみで、退行期と休止期の毛に対しては光を照射しても脱毛効果はありません。成長期と退行期の毛は見た目で違いがわからないので、外見上は成長期か退行期かわかりません。脱毛施術をしたときに成長期の毛のメラニン色素に反応し、毛根部がつながっている毛乳頭にダメージが与えられます。

毛周期は部位によって違う?

毛が生えている部位によって、毛周期の間隔は違います。一般的に脱毛サロンやクリニックでは毛周期に合わせて2か月~3か月おきに施術することを推奨していますが、すべての部位が同じ毛周期という訳ではありません

脱毛開始直後の毛量が多いときは、複数部位を同じタイミングで施術しても十分効果があります。しかし毛量が減ってくると、部位に合わせたタイミングで施術した方が脱毛効率がよくなります。

部位による毛周期の違い

頭髪は放っておけばかなりの長さまで伸びますが、毛周期は2年~6年です。人間に生えている毛で一番毛周期のサイクルが長いのが頭髪です。

部位毛周期
顔に生えている毛6か月~1年6か月
ワキ毛1年~2年6か月
腕毛や脚毛6か月~1年6か月です。
vio1年~2年

体毛の中でも特に毛周期が長いのが、vio(デリケートゾーン)の毛です。
成長期を終えた毛が抜け落ちると、次にその毛穴から新しく毛が生えてくるのは1年~1年半後です。

毛周期が長いと脱毛完了まで時間がかかる!

毛周期のサイクルが短いと、新しい毛が生えてくるまで早いので、脱毛完了までの期間も短いです。例えば、腕や脚の毛周期は6か月なので、単純に計算すると1年間に3回同じ毛に対して施術できます。

それとは逆に、毛周期が長いと一度抜けた毛が次に生えてくるまで時間がかかるため、その毛に対して脱毛施術するには数年待たなければいけません。例えば、vioの毛周期は1年なので、同じ毛に対してダメージを与えるとなると1年間に2回ということになります。

脱毛完了までにかかる回数は、平均して18回ほどなので、同じ回数の施術を行うとなると毛周期の長い毛は脱毛完了までに時間がかかります。毛周期の長いvioは他の部位と比べてしつこく新しい毛が生えてくるので、他の部位と同じペースで脱毛してもvioは効果を感じるまで時間がかかる傾向にあります。
VIO脱毛をお考えの方におすすめの記事『脱毛サロンでのVIO脱毛は恥ずかしい?おすすめの形や痛みはどうなの?』です。

毛周期に合わせて施術した方が効率的?

光脱毛は毛周期にあわせて施術するという考え方は一般的ですが、それぞれの毛周期に合わせて施術した方が効率的なのか気になりますよね。

はじめから毛周期に合わせて施術すると効果を実感できるまでにかなりの時間を要するので、毛量の多い段階では2か月~3か月の間隔で施術するのが効果的です。

同じ部位に生えている毛がすべて同じタイミングで成長期と退行期、休止期を繰り返しているわけではありません。2か月から3か月の間隔で脱毛施術すれば、すべての毛に対して効率よくダメージを与えていけます。数回施術を行い毛量が減ってくれば、部位に合った毛周期で施術するとより効率よく脱毛できます。

毛周期の調べ方は?

部位ごとに毛周期の違いはありますが、自分の毛周期を知っておきたいという方もいますよね。自分で毛周期を調べるには、毛抜きを使って毛根の色を確認するという方法があります。

抜いた毛の毛根部が白くなっている場合は退行期の毛、黒くなっている場合は成長期の毛です。毛根の先に半透明な塊が付着し白くなっている原因は、毛根鞘(もうこんしょう)です。

毛と皮膚を結びつける接着剤のような役割をしているもので、これが付着しているということは成長期を過ぎ、毛として役割を果たし終えた退行期の毛ということが分かります。

一方、毛根が黒くなっている場合は、成長途中の毛なので成長期ということが分かります。このような方法で、今生えている毛が成長期なのか、退行期なのか知ることができます。

毛周期がずれる原因とは?

一定のサイクルで毛が生え変わっている体毛ですが、自己処理のときに毛抜きを使うと毛周期がずれてしまいます。成長期真っただ中の毛を無理やり引き抜くので、いきなり毛穴は休止期に入ります。

まずそこで毛周期がずれてしまいます。また毛抜きで無理やり毛を引っ張ると、毛細血管が切れてしまい毛根部で出血したり、毛穴が傷ついたりする可能性があります。そのようなダメージから回復するのに時間がかかり、毛周期がずれることもあります。

毛抜きを使うと角質が厚くなり毛穴に角質の蓋ができる埋没毛や毛包炎といったトラブルも起きやすくなります。毛穴トラブルを起こすと、脱毛施術を断られることもあるので、脱毛期間中は毛抜きを使わないように気を付けましょう。毛周期のサイクルを守れば、効率よく脱毛できるので、最短で脱毛完了できます。

効率よく全身脱毛していくための毛周期

全身脱毛の場合は、コースによって違いますが、まとまった部位を同じペースで施術していくことになる点も理解しておきましょう。早く脱毛完了する部位と、vioのようになかなか脱毛が完了しない部位とに分かれます。

その場合、プランを変更できるのか、部分脱毛に切り替えるのか事前に確認しておくことが大切です。中には脱毛し放題プランの全身脱毛サロンも多く登場しています。何回でも脱毛できるのであれば、料金を気にすることなく全身のお手入れができるのでおすすめです。

予約を入れる際にも気を付けておかなければいけません。人気脱毛サロンだと予約をキャンセルすると、次の予約がなかなか取れないこともあります。毛周期からずれないように、事前に予約日を確認しておき、なるべく予約は変更しないようにしましょう。

脱毛と毛周期の関係についてのまとめ

脱毛していく上で毛周期はとても重要なポイントです。
はじめのうちは2か月~3か月の間隔で定期的に施術を受けることが大切ですが、脱毛が進むにつれて部位に合った毛周期で施術していくと、より効果を実感しやすくなりますよ。

脱毛サロンによって通うペースが決まっている場合もありますが、自分でペースを決められるならスケジュールを組みやすいです。毛量が減ってきたら、ある程度毛が生え揃ってから施術を行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です