脱毛サロンは未成年でも利用できる?年齢制限やおすすめの3つのメリット

脱毛サロンは未成年でも利用できる?

ムダ毛の悩みに年齢は関係ありませんよね。最近では中学生、小学生でも体毛の悩みを抱えて、自己処理している女性も多いです。女性の深刻なムダ毛の悩みを解消してくれるのが脱毛です。脱毛するとムダ毛が徐々に薄くなるので、自己処理の必要がなくなり、ムダ毛の存在も気にならなくなります。

そこで今回、脱毛サロンは未成年でも利用できるのか、脱毛できる条件や未成年のうちに脱毛する3つのメリットについて紹介します。

脱毛サロンは未成年や学生でも利用できるの?

脱毛サロンによって利用可能な年齢設定は異なりますが、未成年でも利用可能な脱毛サロンがほとんどです。高校生や大学生なら一人で通うこともできますし、小学生や中学生なら保護者と一緒に通います。

脱毛サロンごとに何歳から脱毛できるのか、年齢制限条件について紹介します。

サロン名施術可能年齢条件
キレイモ年齢制限なし生理がはじまっていること
銀座カラー16歳以上生理が2回以上きれいること
シースリー18歳以上であれば脱毛可
恋肌16歳以上であれば脱毛可
コロリー年齢制限なし安定して生理がきていること
脱毛ラボ15歳以上であれば脱毛可

ほとんどの脱毛サロンで15~18歳以上、生理がきていれば脱毛可能となっています。

未成年が脱毛サロンを利用できる条件は?

未成年が脱毛サロンを利用できる条件や必要な持ち物を紹介します。

未成年は親権者の同意が必要

未成年が脱毛サロンを利用する場合、保護者の同意が必要になります。脱毛サロンごとに親権者同意書が用意されているので、そこに記入して提出すれば契約できます。

18歳や19歳であれば無料カウンセリングは未成年だけでも利用できますが、親権者同意書を提出しない限り脱毛契約は結べません。カウンセリングに同意書を持参していない場合、帰宅して親権者のサインをもらってから再び来店することになります。また契約後に保護者に対して電話確認が必要なサロンもあります。

カウンセリングの時点で親権者同意書を持参するか、保護者と一緒にカウンセリングを受ければその場で契約できます。

小学生や中学生がカウンセリングを受ける場合は、カウンセリングに保護者の同伴が必要になります。脱毛で通う場合も保護者の同伴が条件となることもあります。同意書は各脱毛サロンの公式サイトからダウンロードできるので、注意事項を確認しておきましょう。

安定して生理がきている

未成年が脱毛する条件として、生理が安定してきていることを条件としている脱毛サロンがほとんどです。安定して生理がきているというのは、ホルモンバランスが安定していることを意味しています。

ホルモンバランスが安定していないと脱毛施術しても体毛が濃くなる可能性があるため、効率よく脱毛できません。ホルモンバランスが安定する年齢で脱毛開始すれば、効率よく脱毛していくことができます。

学生の場合は学生証を持参しよう!

未成年が脱毛サロンを利用する際、学生証など個人情報を確認できる書類が必要になります。また学割サービスを利用する場合は、学生証の提出が必要になるので、忘れないように持参しましょう。

また契約するときに印鑑や引き落とし用の口座情報が必要になるので、忘れないようにしておきましょう。

未成年のうちに脱毛サロンを利用する3つのメリットは?

20代や30代になってから脱毛をはじめるのではなく、未成年のうちから脱毛サロンを利用するメリットを紹介します。

早いうちにコンプレックスを解消できる

女性にとってムダ毛の悩みは切実ですよね。思春期を過ぎると異性の視線が気になり、まわりの友達と自分を比較しはじめます。そんな時、剛毛でなくても自分の体毛の濃さが気になります。

未成年のうちに脱毛をはじめておくと、毛が薄くなるだけでなく、肌もツルツル。早いうちにコンプレックスを解消して、自分に自信を持てるのがメリットです。

美肌を維持できる

体毛が気になり出すと、電気シェーバーやカミソリで自己処理をはじめます。早い女性なら小学生や中学生のころから、遅くても大学生になるとほとんどの女性が自己処理をはじめます。カミソリを使ってムダ毛処理すると、肌を傷つける原因になり、乾燥や色素沈着など様々な肌トラブルの原因になります。

未成年のうちに脱毛をはじめれば、肌を傷つけることなくムダ毛のお手入れができるので、美肌を維持できます。美肌を保つなら、肌へのダメージを最小限にすることが大切です。また光脱毛に使用される光にはコラーゲン生成を促す効果もあるので、肌にハリが出て瑞々しい肌を維持できます。

お得に脱毛できる

脱毛サロンでは未成年がお得に脱毛できるプランがたくさんあります。特に学生を対象にした学割サービスを利用すれば、通常料金と比べてかなり安く脱毛できます。学生でも支払いやすいプランが特別に用意されているサロンもあるので、よりお得に脱毛をはじめられます。

未成年のうちに脱毛サロンを利用するデメリットは?

安定して生理がきていることを脱毛可能な条件として提示している脱毛サロンが多いですが、条件を提示していないサロンもあります。あまりに早く脱毛をはじめてしまうと、毛が薄くなったり濃くなったり、効率よく脱毛できない可能性があります。

身体が大きく成長する時期や、生理がはじまる前の数年はホルモンバランスが安定しません。その段階で脱毛を開始して毛が薄くなってきたとしても、再び体毛が濃くなる可能性があります。

未成年がお得に脱毛する方法は?

学生であれば学割サービス、既に他のサロンで脱毛している未成年は乗り換え割を利用するとお得に脱毛できます。いずれも通常料金よりも安く脱毛できるので、学生のうちに脱毛をはじめるのがお得です。

学生のうちは時間に余裕もあり、早く脱毛をはじめるメリットがたくさんあります。学生を卒業しても学割サービスを継続して利用できる脱毛サロンが多いので、脱毛するなら学生のうちにお得に脱毛をはじめましょう。

未成年には脱毛サロンか医療レーザーどちらがおすすめ?

脱毛サロンの光脱毛、医療機関のレーザー脱毛、どちらも黒いメラニン色素に反応する光を照射して脱毛していきます。安定した生理がきていることが条件となっているので、脱毛を開始できるタイミングに差はありません。

安定して生理がきている未成年のうちに脱毛をはじめておくと、自己処理を繰り返して毛が太くなる前に対応できるので効率よく脱毛効果を発揮できます。

脱毛サロンと医療レーザー脱毛の大きな違いとしては、脱毛料金です。未成年のうちに脱毛をはじめるなら、無理なく継続できる脱毛サロンがおすすめです。良心的な料金設定、月額制プランや回数パックプランなど利用しやすいプランを選べ、学生や未成年でも無理なく脱毛できるのが魅力です。また回数無制限プランを採用しているサロンも多いので、20代、30代と継続してお手入れできるのが魅力です。

光脱毛や医療レーザー脱毛は、永久脱毛ではありません。一度脱毛完了しても、その後に毛が再生して再び生えてくる可能性が高いです。そのため医療レーザー脱毛で高額なお金をかけるよりも、お手頃で長く利用できる脱毛サロンの方がおすすめです。

脱毛サロンと未成年まとめ

ひと昔前は脱毛と言うと高額なイメージが強かったですが、最近では低料金化によって学生でも脱毛できる時代になりました。カミソリや電気シェーバーを使った自己処理を長く続けると、毛が濃くなったり、肌トラブルを起こしたり、体毛以外の悩みを増やす原因になります。

未成年のうちになるべく早く脱毛をはじめておくと、早くコンプレックスを解消して、美肌を守ることができます。自信を手に入れるためにも、体毛の悩みから少しでも早く解放されるためにも、未成年のうちから脱毛をはじめておくのがおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です