脇やVIOの黒ずみは脱毛サロンで薄くなる?色素沈着の原因や対処法

黒ずみの対処法

「脱毛をしたら、黒ずんでしまった!」なんて、友人や同僚が嘆いているのを聞いたことはありませんか?
一部であっても肌が黒ずんでいると恥ずかしい気持ちになりますよね。それが例えワキやVIOなど「見えない部分」だったとしても、同じでしょう。

脱毛と黒ずみの関係について

「脱毛には興味あるけど、黒ずんでしまうかもしれないと思うと、なかなか最初の一歩を踏み出せない」なんて躊躇している人もいることでしょう。
ここでは、脱毛と黒ずみの、本当の関係性についてご説明いたします。

脱毛サロンの脱毛器なら、小さな黒ずみは消えることもある!?

「脱毛をしたら黒ずんでしまった」という話は聞いたことがあっても、「黒ずみを解消するために脱毛をした」なんて話は、なかなか聞かないのではないでしょうか。

脱毛は、あくまで毛の処理が目的なので、黒ずみ解消の効果はありません。ですが、フラッシュ脱毛の場合は少し違います。脱毛経験者であれば思い当たることがあるかもしれませんが、ホクロなど、毛以外の黒い部分をシールで部分的に隠して施術されたことはありませんか?

フラッシュ脱毛は、黒いものに反応し、その黒いものを焼くという仕組みです。そのため、毛くらいの小さい黒ずみなら、光の照射で一緒に焼かれ、いつのまにか綺麗に消えている・・・ということもあるでしょう。

色素沈着の原因は?脱毛方法や、脱毛後のケアによっては黒ずみを招く

「脱毛して黒ずんだ!」と誰かが話していても、脱毛すれば必ず黒ずむ、というわけでもありません。脱毛の方法や、脱毛後のケアによっては、黒ずみとして色素定着してしまうこともあるのです。

例えばエステで脱毛を受けた場合、必ずといって良いほど、冷やしタオルや冷たいローションなどで「お冷やし」の時間があります。

脱毛を行った直後は、肌が炎症を起こしている状態です。軽度のものではありますが、この炎症を何もせずに放っておくと、肌がメラニン色素を作り出して黒ずみの原因となってしまうのです。

ですので逆に、脱毛をした直後にきちんと保湿ケアをしてあげれば、メラニン色素が作り出されることもなく、黒ずみも起きないわけです。

さらに、レーザー脱毛の直後は肌が傷つき、肌の修復サイクルであるターンオーバーが低くなります。本来であれば、メラニン色素が作り出されたとしても、このターンオーバーにより新しい細胞が古い細胞を排出するので、黒ずみにはなりません。でもターンオーバーがなかなか正常に戻らないと、メラニン色素が沈着し、黒ずみとなってしまいます。

黒ずみやすいのは、どの箇所?

黒ずみやすい箇所、黒ずみにくい箇所、というのは確かに存在します。

脱毛によって黒ずみやすい箇所は、ずばり「刺激に対してデリケートな箇所」です。腕や足にも黒ずみができる可能性はゼロではありませんが、それよりももっと刺激にデリケートな場所、つまり「ワキ」や「V・I・O」は特に黒ずみができやすい地帯です。

もともと黒ずみがある部分は、脱毛できないの?

脱毛によって黒ずみが生じるかもしれない、ということを先ほどご説明させていただきました。でも、もともと黒ずみがある部分は脱毛可能なのでしょうか?

先述のフラッシュ脱毛の特徴を考えるとやはり、黒ずみがひどい肌には、施術をすることはできません。黒いものに熱を照射して焼くので、下手をするとヤケドをしてしまうかもしれないからです。

ですが最近では、照射のレベルを調節して、黒ずみがある肌にも施術できるような機械を導入している脱毛サロンもあります。諦める前に、まずはお近くの店舗に問い合わせてみてください。

脱毛で黒ずんでしまった場合の対処法

黒ずみの対処法。食生活を見直す
黒ずみができてしまうと、「もう二度と元の肌色には戻らないのかな?」と悲しい気分になります。

でも、ご安心ください。セルフケアや食事などで、黒ずみを元の肌色へと戻すことができます。

入浴後の保湿を習慣にする

入浴後には毎回、ボディローションや保湿剤、乳液などで肌を保護してあげましょう。できれば、美白成分が入っているものが良いです。

もちろん、「今日塗ったら、明日すぐに元通りに!」というわけにはいきません。ですが、「継続は力なり」です。保湿することで、肌のバリア機能が強化されて、キメの整った美しい肌へと戻っていきます。

食事の内容を見直す

また、普段の食事で黒ずみを解消することもできます。ビタミンCと、たんぱく質の摂取が、黒ずみ解消のポイントとなります。

ビタミンCとたんぱく質には、体の新陳代謝を促進する効果があります。これにより肌のターンオーバーが正常値に戻り、肌にできてしまったメラニン色素が排出されていきます。

またビタミンCは、メラニンが作られるのを抑止したり、肌のキメ・ハリには欠かせないコラーゲンを生成してくれます。イチゴやレモンなど、フルーツから美味しく摂取すれば、苦にならずに続けることができます。あるいはサプリメントでも代用できるので、あなたの生活習慣に合わせて選んでみてください。

脱毛で黒ずまないためのセルフケア

「脱毛によって黒ずみを作りたくない」「すでに少しだけ黒ずんでいるけれど、脱毛によって悪化したくない」など、女性の数だけ、それぞれ黒ずみについての悩みを持っています。

実は、普段の生活が黒ずみの原因を作っていることもあります。それは、「摩擦」です。汗をかいた日だったり、あるいは体を清潔に保ちたいときなど、どうしても体をゴシゴシ洗ってしまいがちです。

摩擦による刺激は、黒ずみの原因となります。肌への負担が少ない「低刺激タイプ」のソープを使って、泡で優しく洗うことを心がけましょう。これを意識するだけで、脱毛時の黒ずみを防ぐことができます。

また、肌の乾燥も黒ずみを招くのでご注意ください。カサカサした肌に、フラッシュのような熱を照射すると、やはり肌へのダメージが相当なものになってしまいます。摩擦だけではなく、肌ストレスも、黒ずみを作り出すこともあります。

お風呂上がりには、脱毛を考えている箇所に、ボディローションや乳液などで保湿を心掛けてください。もちろん脱毛したい部分だけではなく、全身に塗り広げてもいいです。

脱毛サロンで脱毛をしよう

現在では、「サロン仕様」と銘打つ、「家庭用脱毛器」が多く市販されています。自宅の自己処理で済むなら、面倒な毎回の予約も取らなくて良いし、費用も抑えられてラクですよね。特に、「黒ずんでいて恥ずかしいから、サロンなんてとても行けないわ」と躊躇している女性は、「これだ!」とつい購入してしまうでしょう。

でもが、脱毛サロンでの脱毛をおすすめです。なぜなら、専門のプロによる脱毛だからです。

実際に筆者も、自己処理で肌を痛めて、黒ずみを招いてしまった経験者です。「忙しくて、つい荒っぽく自己処理してしまったからだわ」と後悔しても、すでに後の祭りです。もちろん筆者だけではなく、「普通の肌色だったのに、黒ずんでしまった」「もともと少し黒ずんでいたけど、悪化してしまった」なんて女性も、後を絶ちません。

黒ずみが心配であれば、どんなことでも、専門のプロであるサロンスタッフに相談してみましょう。「黒ずんでいて恥ずかしい」「黒ずみの相談なんて」なんて心配はいりません。なぜなら、スタッフも全員女性なのですから。どんなに些細なことでも、安心して相談してください。

脱毛サロンでの黒ずみ問題まとめ

透き通るような綺麗な肌は、いつの時代も女性の憧れですよね。

でも、忙しくて自己処理を忘れるときもありますよね。ぷつぷつと黒い毛が目立ってきた肌に、「あっ、自己処理忘れてた!」なんてヒヤッとすることもあるでしょう。・・・だからといって、忙しくてガーッと自己処理をしても、逆に肌を痛めて黒ずみを招いてしまうかもしれません。

いつまでも綺麗な肌でいるためにも、ぜひサロンに行って、プロに脱毛をしてもらいましょう。黒ずみが心配なのであれば、スタッフに相談してみてください。「出来る限り黒ずみを回避する脱毛方法」なんて、プロであるスタッフは熟知しています。きっと、あなたに最適な提案をしてくれることでしょう。
脱毛サロンで肌トラブルについて詳しく書いています『脱毛サロンで肌トラブルは起きる?問題別の解決方法と安心のサロン選び

つるすべ透明肌で、24時間365日素敵な女性でいましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です